2016/08/14 Sun  23:19
「BENT ベント」

「ナチスの話かー、見る気がしないなー」とスルー予定だったのに、4・5列が戻りチケット?で直前に売りだされていたので、思わず購入。
こんな前列でお芝居初めて見た。
ガラガラだったらどうしようかと思ったが、1Fはほぼ埋まってて良かった。
確かにナチスの時代の話だったけど、ゲイの話だった。
壮絶でした。
ユダヤ人以外に、同性愛者も迫害していたとは知らなかった。
しかも、といってはなんだけど、強制収容所では、ユダヤ人よりランクが下だったらしい。

同性愛の話は、ダメな人はダメなので、見る人を選ぶかも。
私は大丈夫。
あーでも、抵抗ないのは、周りにいない(隠してたら知らないが)からかも?

のっけから、男3人がイチャついてチュッチュチュッチュやってるので、たまげました(笑)。
小柳友なんて、裸に枕(謎)で、舞台を端から端まで横切るし!!(笑)
マックスとルディがカップルで、ウルフはマックスがバーでお持ち帰りした男。
このシーンは、ボルドーっぽいガウン着た蔵様のお色気を楽しめます(笑)。
…あ!、中島歩って「花子とアン」に出てた人じゃん。
蓮様の不倫相手で、棒っぷりが話題になっていた…今回は棒じゃなかったです。
それと、新納慎也はドラァグクイーン役で、女装で歌も歌ってた。
「真田丸」の秀次よー!

そういう享楽的な生活を送っていたので、収容所生活とのギャップが…。
右に置いてある大きな石を1つずつ左に運び、全部なくなったら右に運ぶ、という無意味な作業を延々繰り返す日々。
佐々木蔵之介の北村有起哉も坊主頭!
蔵様、最初は髪長かったのに、あっちがヅラだったのねー。
その中で愛しあうようになるマックスとホルスト。
エアセックスのシーンがすごい!!
こんなの初めて!(笑)
…って、実際、笑い事ではないんだけど(笑)。
上半身裸だったので、呼吸でお腹が動くさまがよく見える。
家で自分でもやってみたら、全然動かなかったので、腹から声出すってああいうことなのかーと思った。
ラストシーンは、泣いてる人も大勢いたみたい。
ホルストの、愛してるのサイン(ドリカムではない)が泣けるのよ。

マックスは生きるためなら、愛する人のためなら、なんだってやれる男。
きっと生き延びてくれただろう。

BENT ベント| PARCO STAGE

作:マーティン・シャーマン
翻訳:徐賀世子
演出:森新太郎
マックス:佐々木蔵之介
ホルスト:北村有起哉
ルディ:中島歩
グレダ:新納慎也
ウルフ:小柳友
収容所の大尉 他:石井英明
親衛隊の中尉 他:三輪学
士官 他:駒井健介
フレディ:藤木孝
約2時間45分(休憩15分含む)予定


関連記事

テーマ : 演劇・劇団   ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 舞台 演劇 観劇

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

  • Author:詩夜
  • ファッション、コスメ、スイーツから映画やドラマまで、いろいろ語ってます。いろいろすぎて、リアルタイムにアップできてませんが、ご容赦を。
    mixi、twitter、Instagramもやってます。
    最近よく買い物するブランド:Couture brooch anatelier、FLAXUS、earth music & ecology、ユニクロなど。
    最近よく読む雑誌:Marisol
    コメント・ブロ友、歓迎です♪

    Instagram
    fc2blogranking
    人気blogランキング
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    広島ブログ
    blogram投票ボタン

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

登録ツールズ+

  • seo

ランコム / タン ヴィジョネア ¥7,500 ≪         HOME         ≫ びっくり堂「びっくり饅頭」
ファッション:コスメ:スイーツ:映画:ドラマ