FC2ブログ

2014/07/19 Sat  18:03
「太陽2068」@シアターコクーン

作:前川知大、演出:蜷川幸雄、出演:綾野剛、成宮寛貴、前田敦子、中嶋朋子、大石継太、横田栄司、内田健司、山崎一、六平直政、伊藤蘭 ほか。
綾野剛と成宮寛貴動員。
このところ、綾野剛のためなら遠征できる人になってしまっている(笑)。
自力ではチケット取れなくて、twitterで譲っていただきました、ありがとうございました!

昼と夜に別れてしまった人々の話。
蜷川さんだし前川さんだし、SF苦手だし、小難しそうだなぁと思ってたけど、そうでもなかった。
わかりやすくて良かったー。
ネタバレ感想は追記にて。

コインロッカーがない代わりに、無料のクロークがあった。
小じんまりした劇場で、2階からでも距離はあんまり感じなかったな。
もちろん、表情が細かく見えたりはしないけど。
1階の通路を多用するので、ちょっと羨ましかったくらい(笑)。

Bunkamura25周年記念 太陽2068 | ラインナップ | シアターコクーン | Bunkamura



昼の人キュリオと夜の人ノクスは対立しているような部分もあって、その中で、綾野剛(昼)と成宮寛貴(夜)が友達になっていく。
え、これは男版マーニー?と、腐女子システムが発動しそうに(笑)。
二人が仲良く語らってるシーンとか、キュンキュンするよ(笑)。
しかも、ふたりとも好きな俳優だから、まさに俺得(笑)。
役のビジュアル的には、ナリの方がかっこいい。
キュリオは白っぽい薄汚れた感じで、ノクスは黒いスーツ系だから。

危ないのはそれより前田敦子。
伊藤蘭とキスシーンもあったし…といっても、恋愛的なやつではないです、移植みたいなもんか。
それに、まっ裸(舞台上でパンツ脱いだよ)の男にレイプされるシーンまで!!ぎゃー!
これにはお客さんの悲鳴があがってた。
いやー頑張ったね。
私は彼女の演技はドラマ始めたばかりくらいの棒読みしか見ていないので、かなり不安だった。
ちゃんと演技できてた。
キュリオからノクスになった時のキャラ変も、見事だったし。

キュリオは貧乏臭いし、ノクスの方がいろいろ有能だから、ノクスに憧れるのも分かる。
でも、ノクスはノクスで、日光を浴びられないとか、それなりに苦労もある。
どっちもどっちというか、ないものねだりというか、そういうことを考えさせられた。

そして、ラストは、綾野剛と成宮寛貴が一緒に旅をすることに!
いえーい!行こうぜ!!とテンション高く、ステージから外に飛び出してしまった!!!
ステージセットがそのままドアになってるのね、搬入口なの?
セットが開いたら、向こう側に駐車場っぽいアスファルトが広がってて、その向こうに普通に一般の通行人が歩いてたんだよ(笑)。
あれにはびっくり!
歩いてる人もびっくりじゃない?、いきなり綾野剛と成宮寛貴がテンション高く出てきたら(笑)。
ラスト泣けたわー。
関連記事

テーマ : 演劇・劇団   ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 舞台

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

  • Author:詩夜
  • ファッション、コスメ、スイーツから映画やドラマまで、いろいろ語ってます。いろいろすぎて、リアルタイムにアップできてませんが、ご容赦を。
    mixi、twitter、Instagramもやってます。
    最近よく買い物するブランド:Couture brooch anatelier、ユニクロなど。
    最近よく読む雑誌:Marisol
    コメント・ブロ友、歓迎です♪

    Instagram
    fc2blogranking
    人気blogランキング
    広島ブログ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

登録ツールズ+

  • SEOブログパーツ

ひろしま駅弁「カープっこ弁当」¥830 ≪         HOME         ≫ 東京1日目
ファッション:コスメ:スイーツ:映画:ドラマ