FC2ブログ

2008/01/31 Thu  23:07
「明日への遺言」


藤田まこと
試写会で見た。
主演の藤田まことと監督が舞台挨拶に来ましたよー。
その様子は公式ブログにアップされるかと。
ってことで、画像は藤田まこと直筆メッセージ。
本物、格好良いよ!!
見る前は「別に」って思ってたのに(失礼な/笑)、すっかりファンになりました<単純。
そこらのおじいちゃんとは全然違うね!
昭和8年生まれだってー、信じられない。
背もすらっとしてるし、姿勢も良くて、この世代の人にしては脚も長いんじゃない?
若手俳優に比べると、貫禄というか風格というか余裕というか、もう全然違う。
慣れてるわ~。
マイクがハウっちゃうので、監督にマイクの持ち方を指示したりして(笑)。
映画のギャラは、最低賃金+出来高払いにしたらしいので、皆さん、見に行ってあげてください(笑)。
挨拶が終わったら、上手、センター、下手、と三方に向かってお辞儀して、更に舞台袖でも立ち止まって深々と一礼。
ああー、拝みたくなる、南無南無。

映画の感想は追記にて。
ネタバレっていうほどのものはないと思う。

明日への遺言

文科省選定。
B級戦犯・岡田資の裁判の話。
戦争モノにしては珍しく、爆撃シーンとかはない(記録映像のぞく)。
ほぼ、裁判の数日間のみ。

現代の裁判だって分からないのに、戦争裁判は余計分からない。
戦争がらみの専門用語もバンバンでてくるし。
グンリツって何だ?、みたいな。
でも、裁判官も検事も弁護人までもアメリカ人なので、彼らが喋ると字幕なのね。
そのおかげで「ああー、軍律なのね」って分かったりして。
でも、予備知識がある方が分かりやすいかも。
この人のことも知らなければ、戦犯のこともさっぱり分からないので、ちょっときつかった。

報復なのか処罰なのかとか、無差別爆撃って何、とか。
なんだか難しかったです。
そもそも、あのアメリカ兵は何しにパラシュートで降りてきたんだろう。
記録とかそういうの?
とりあえず、戦争はいかんということ、簡単に命を投げ出したらこの時代の人たちに申し訳ない、ということは感じた。

あ、そうそう、竹之内豊のナレーションはアリなんでしょうか。
普段はああいう喋り方じゃないから、意図的にやってるよね。
ちょっと昭和っぽい感じもしたから、それを狙ったんだろうか?
関連記事

テーマ : ☆試写会☆   ジャンル : 映画

tag : 映画 試写会 舞台挨拶

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

  • Author:詩夜
  • ファッション、コスメ、スイーツから映画やドラマまで、いろいろ語ってます。いろいろすぎて、リアルタイムにアップできてませんが、ご容赦を。
    mixi、twitter、Instagramもやってます。
    最近よく買い物するブランド:Couture brooch anatelier、ユニクロなど。
    最近よく読む雑誌:Marisol
    コメント・ブロ友、歓迎です♪

    Instagram
    fc2blogranking
    人気blogランキング
    広島ブログ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

登録ツールズ+

  • SEOブログパーツ

サクセス「薬用育毛トニック」 ≪         HOME         ≫ ポンズ ダブルホワイト
ファッション:コスメ:スイーツ:映画:ドラマ