FC2ブログ

2002/03/02 Sat  23:30
ブライダル

行ってきました、結婚式。
一泊旅行なのに、なぜか荷物がかつての通勤バッグ+NOJESSで間に合ってしまった…。
いかに普段気取ってるかってことなんでしょうか。

お昼前にさらっとお茶漬けを食べて、いざ港へ。
港の売店でMOREを購入…SHIHOちゃんのピンク表紙にノックアウトされた。
MOREの世界もお洒落だと思うけど、何か気が抜けすぎてる気がする。。。
MOREとwithって、どっちが人気あるんだろう?
目が1.5倍になるページを船内で熟読していたら、微妙に気持ち悪くなりかけた。

松山観光港に上陸。
・・・・・・・・・・どうしちゃったのよ、この美しさ!(驚愕)
建て直されて、凄く綺麗になってた、空港みたい。
これに比べて、宇品港のみすぼらしいことといったら(泣)、なんとかしてくれ。
何故かすぐには移動せず、クッキーを買ってつまみながら休憩。

一息ついたところで教会へ移動。
久し振りに見るいとこ達は、久し振りすぎて誰が誰か分からなかった(爆)。
だって、約10年ぶりなんだもの!
それまでは毎年のように行ってたのに。
「広島帰ったらいかーん!」とべそかいていたKちゃん(男)は、ひげが生えている(笑)。
初めて会ったRちゃんは、私が小さい頃に着てた着物を着ていた。
私に娘ができたら返してくれるらしいよ(笑)。
和裁のできるおばあちゃんが生きてるうちに娘産まねば!
ていうかおばあちゃん、せっつかないでください(沈)。

新郎(2歳年下の従兄弟)にもご対面。
これまた超久々に再会した彼は、素晴らしく巨大化していた。
高身長、高学歴、そして、今は無職だけど(笑)、いずれはそれなりに高収入。
しかも、顔もかっこよくなってるときたよ、森田剛みたいじゃん、おいおい。
奥さんも綺麗だったし、いいなあーーっ(溜息)。

1時間後には式が始まるというのに、おじさんに連れられて、向かいの喫茶店へ。
アイスクリームご馳走になりました。
何のためにお昼ごはんを軽くしたのか、わかりゃしない。

式は教会だったんだけど、音響設備とか整ってて、なんか式場っぽい。
幟町教会の方が古びてていいなー、でも、凄い順番待ちなんだよね?
もし自分が式をするなら、教会がいいけど、でも親父とヴァージンロード歩くのだけはやだっ。
あれ、省略できないんだろうか。
もしくは、死んでもらうか(危)。

聖書は、コリント人への手紙から引用。
永遠に続くものは、信仰と希望と愛、って式次第に書いてあった(うろ覚え)。
永遠なんてない、というのが最近の身内での定説だけど、それは確かに永遠かも。
信仰するのも、希望をもつのも、愛するのも、自分の勝手だからね。
ある人に永遠に愛されるとは限らないけど、永遠に愛するのは自分次第。

そんなことより、今回最大の萌えポイント。
花嫁さんの手を取って、殆ど引きずらんばかりの勢いで、ずんずん壇上に上がった花婿。
重いドレス着てるんだから、もっとゆっくり上がってあげなさいよ。
俺様だわvvv

式の後は、一応親族なので集合写真にも参加。
さらに、フラワーシャワーにブーケトス。
ブーケは花嫁さんのお友達が取りました、ま、当然。
なぜか、うちのおばあちゃんも加わっていた…おじいちゃん生きてるでしょーが(笑)。
その後、リムジンに乗って(缶は付いてなかった)、どっかに行ってしまった二人。
あのー、披露宴は向かいのレストランなんですけど(笑)。

というわけで、レストランを借り切っての披露宴だったので、あまり披露宴ぽくなかった。
キャンドルサービスとかケーキカットとかスピーチとか、一連のものは全部あったけど、場所が違うと雰囲気変わるね。
ごはんはフレンチ…全部少しずつ残して、パン食べなくても、それでも死にそうに満腹。
お嫁さんのご親族が入れ替わり立ち代わりビール注ぎに来たので、結構飲みました、久し振りに。
あとねー、間で出されたジェラートがみかん系だったんだよね。
何もみかんにしなくても(いかにも愛媛)って、笑わせていただいたわよ。
お嫁さんの元同僚sが歌ったのは、娘。の「ハッピーサマーウエディング」。
台詞は「背の高い人に悪い人はいないから」でした…いいなぁ、182センチ。
お色直し後のドレスはブルーのマーメイドライン。
私は何色にしようかな、ブルーかパープルのどっちかしかありえないけど。

おばあちゃんが「孫全員と写真撮りたい、子どもらは要らん(笑)」というので集合写真。
ルークのくせが残ってて、顎を引くのを忘れる。
今日もそれに気付いたのは、全部写真撮り終えてからだった…遅すぎ。
「孫が10人に増えました」と嬉しそうにお嫁さんに話し掛けるおばあちゃんを見て、お嫁さんにマジ嫉妬。

事前に頼まれた人以外に、抜き打ちインタビューもあった。
ウチのママ、選ばれちゃったよ(笑)。
「ついこないだまであんなに小さかったのに」という常套句だったけど、激しく同意。
ていうか、一瞬、ママが松坂慶子に見えた…コンタクトの度があってないんだろうか。

でも、思えば、こっちサイドの親戚はいろいろ似てる。というほどでもないが。
おじさん>羽賀研二でも大澄賢也でも何でもいいけど、とにかくあーいう濃い顔
おばさん>熊谷真実
Mちゃん>田辺あゆみ
〃のだんなさん>カツノリもしくは松坂大輔
新郎>森田剛
モー娘。世代のIちゃんとMちゃん、はっきり言って新メンバーより全然かわいい<贔屓目か?

最後にケーキが配られて、3つだけ当たりつきがあるから早く食べろという指令が。
地元では有名なケーキ屋さんのものらしいんだけど、かなりあっさりしたケーキだった。
さっぱり甘くない<不満げ。
そして、最後の1人がなかなか名乗り出てこない。
白けるから早くしてよー、と思ってたら、またしてもうちのおかんだった(爆)。
あんた、1人でかっさらってんじゃないよ(笑)。
後で聞くと、着物がきつすぎて食べられなかったのでほっといたら、ウェイターにせっつかれ、崩してみると出てきた、とのこと。

入り口に二人の思い出の写真を何枚か飾ってた。
申し訳ないがお嫁さん、今より全然丸い、丸すぎる。
やっぱりブライダルダイエットしたんだなぁ。
そういう風に思われないように、結婚しそうな相手に出逢った瞬間から痩せよう<その前に痩せとけ。

最後の泣かせるシーン(お嫁さんの手紙とか)は、柱の向こうの出来事だったこともあり、涙なし。
当事者がどうだったのかも見えず。
ていうか、いくら満腹だからって、隅で見えないからって、だらけすぎ。

お見送りしてもらう時におばさんとちょっと話した。
「子どもとか生まれると大変よー、まだまだ遊びたいよね」と言ってくれたのはおばさんだけだよ、ありがとー!!!

用意してもらったホテルはパティオ。
おばあちゃん、思いっきり「パチオ」って言って、孫全員に笑われてたけどね(笑)。
道後だけあって、聖書とともに「坊ちゃん」が置いてあった。
そして、加湿器もあった(嬉)。
関連記事

tag : ジェラート

Comment
    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

プロフィール

  • Author:詩夜
  • ファッション、コスメ、スイーツから映画やドラマまで、いろいろ語ってます。いろいろすぎて、リアルタイムにアップできてませんが、ご容赦を。
    mixi、twitter、Instagramもやってます。
    最近よく買い物するブランド:Couture brooch anatelier、ユニクロなど。
    最近よく読む雑誌:Marisol
    コメント・ブロ友、歓迎です♪

    Instagram
    fc2blogranking
    人気blogランキング
    広島ブログ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

登録ツールズ+

  • SEOブログパーツ

結婚式前夜祭 ≪         HOME         ≫ 前言撤回
ファッション:コスメ:スイーツ:映画:ドラマ