FC2ブログ

2004/03/23 Tue  23:30
「僕と彼女と彼女の生きる道」最終回

僕と彼女と彼女の生きる道 DVD-BOX ◆20%OFF!親権問題は前回結論が出てたから、今日は最後の余韻みたいなものだった。
とにかく凛ちゃんの「はい」を聞かせるための75分(笑)。
同じ平仮名二文字なのに、状況に応じて演じ分けられる7歳、凄い。
ドラマの視点がお父さん(剛)側だから、お父さんに感情移入しちゃってて、
一緒に暮らせないのがかわいそうだった。
シンデレラエキスプレスのシーンは泣けたよ。
凛ちゃん、背伸びしないと窓から顔が出てこないなんてっ(泣)。
でも勿論、お母さん(りょう)の立場に立ってみれば、その気持ちも分かる。
それにしてもお父さん、超エリートだったのにすっかり料理に目覚めちゃって、
人生って分からないもんだ。

号泣しまくりの「僕生き」と違って、涙ぐむ感じのドラマだった。
このシリーズ、キムタクじゃなくて剛くんがやってこそ、だよね。
最初のうちは半分義務感で嫌々見てたようなもんだったけど、
結局最後に一番楽しみだったのはこれかも。
ドラマ終わるの淋しかったし。
でも来月から「目覚まし」で凛ちゃんに逢えるから、それほどでもないv

で、最後のゆら先生(小雪)の「たいせつなもの」ってお父さんのことで合ってる?
はっきり言ってくれないと困る<読解力ゼロ(滅)。

プロフィール

  • Author:詩夜
  • ファッション、コスメ、スイーツから映画やドラマまで、いろいろ語ってます。いろいろすぎて、リアルタイムにアップできてませんが、ご容赦を。
    mixi、twitter、Instagramもやってます。
    最近よく買い物するブランド:Couture brooch anatelier、ユニクロなど。
    最近よく読む雑誌:Marisol
    コメント・ブロ友、歓迎です♪

    Instagram
    fc2blogranking
    人気blogランキング
    広島ブログ

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

登録ツールズ+

  • SEOブログパーツ

2004年02月 ≪         HOME         ≫ 2004年04月
ファッション:コスメ:スイーツ:映画:ドラマ